★基礎演習Ⅰ「ミニトマト栽培事業のビジネスモデルを考える」★|経営学部ブログ|名古屋経済大学

★基礎演習Ⅰ「ミニトマト栽培事業のビジネスモデルを考える」★

後期の基礎演習Ⅰ(山下・大曽ゼミ)では、犬山市役所産業課と犬山市シルバー人材センターの協力を得て、犬山市シルバー人材センターの新規事業である“ミニトマト栽培事業”のビジネスモデルの考案を通して、スタディスキル“読む、書く、まとめる、調べる、伝える”を学びます。

犬山市役所産業課と犬山市シルバー人材センターの方に来校いただき、市役所の役割、シルバー人材センターとミニトマト栽培事業について説明してもらいました。その後、学生は、ミニトマトの試食評価とシルバー人材センター会員の方とグループワークを行いました。

写真:ミニトマトの試食評価

試食評価とグループワークの結果を犬山市シルバー人材センターに報告したところ、学生の直感・発想力の鋭さに感心していました。今後、犬山市シルバー人材センタートマト栽培事業のビジネスモデルの提案に挑戦してもらいます。

写真:本学学生と犬山市シルバー人材センター会員の方とのグループワーク