「時の話題」カテゴリーの投稿一覧|経営学部ブログ|名古屋経済大学

「時の話題」カテゴリーの投稿一覧

中国語朗読コンテストで奨励賞を受賞!

サムネイル画像はありません

10月27日(土)、愛知工業大学自由が丘キャンパスで開催された愛知県日本中国友好協会主催の「全日本中国語スピーチコンテスト愛知県大会」の朗読部門で、経営学部3年生の柿沢江奈さんが、奨励賞を受賞しました。朗読部門は三つに分かれており、一般の部には小学生の女の子を含めた3名が、中高生の部門には12名、大学生・大学院生の部門には7名、計22名が参加しました。柿沢さんがコンテストへの参加を決めたは本番の二[...]

【続報】第1回 大学生俳句選手権大会【10月13日】

鈴木しづ子生誕100年記念「第1回 大学生俳句選手権大会」が10月13日(13:00〜15:30予定)に犬山市福祉会館で開催されます。第1回 大学生俳句選手権大会は、観客も審査員となる参加型の大会になっているようです。参加チームは、俳句と俳句を題材とした演劇で競われます。その他に、ラッキーナンバーで当たる抽選会や名古屋で誕生したハイクオリティアイドルユニット『dela(デラ)』の参加も予定にありま[...]

経営学部 中西教授が情報システム学会 設立10周年記念論文賞を受賞しました

サムネイル画像はありません

一般社団法人情報システム学会は、昨年10 周年を迎え、これを記念して論文を募集。本年2月の第26回理事会において2編の論文が選ばれ、本学経営学部中西教授が論文賞を受賞しました。その表彰式及び講演が5月14日、第9回シンポジウム会場(専修大学 神田校舎5号館)でおこなわれました。 <受賞論文>■『パス歩行行列の仮想定のノード及びパスへの拡張』中西 昌武(名古屋経済大学 経営学部教授)(選考理由)帳票[...]

鳥たちの声が賑やかです。

数日前からツバメたちが飛び交うようになりました。また帰ってきてくれたようです。ウグイスも鳴き始めました。キャンパスの中で聞こえてくる色々な声に耳を傾けてみて下さい。

春はすぐそこ

今日は暖かくなりそうです。大学のそばの桃の蕾もふくらんで、ピンク色が顔をのぞかせています。あと一週間で入学式。その頃にはたくさん咲いているといいですね。

Macとの思い出

<!--[if gte mso 9]> Normal 0 0 2 MicrosoftInternetExplorer4 <![endif]-->Appleコンピュータとの出会いは30年以上前、ゼミの先生が研究室に導入したAppleⅡであった。その時、初めてマウス操作し、衝撃を受けた記憶があります。当時、PCはまだ今日のような安価なものではなく、とても学生が個人所有できるもの[...]

消費者を巻き込むCSR

10月も半ばとなり、秋らしくなりました。今年の夏は残暑がいつまでも続き、「熱中症対策」として「こまめに水分を」という注意が毎日のように聞かれました。コンビニやスーパーでミネラル・ウォーターを買い求めた人も多かったと思います。皆さんは水を買うとき、何を基準に選びますか。価格、ボトルのデザイン、ミネラル成分、原産国、そのときの気分などいろいろでしょう。でも、ある銘柄のミネラル・ウォーターを購入すること[...]

消費税の軽減税率

今夏、税率引き上げによる消費税増税が決まりました。1989年の消費税導入、そして97年の消費税増税はともに所得税の減税とセットでおこなわれてきました。しかし今回は、戦後初めてともいえる正味の増税です。消費税はこんにち基幹税のひとつとなっていますが、所得が低い人ほど税負担が重くなる逆進性の強い租税です。そこで、生活必需品などへの税率を低くする軽減税率を導入すべきかが検討されています。ところで、先日ま[...]

「蟻族」―中国版ワーキングプア

初ブログで中国の「今」が見える新語を取り上げたいと思います。中国では経済成長の陰を映し出す新語が急増しています。「蟻族」はその典型的な一つです。単純に言えば、ワーキングプアの大学卒業生集団を表現した新語で、2009年頃から盛んに言われるようになりました。高学歴であるにもかかわらず、給料の安い臨時的な仕事にしか就くことが出来ず、あるいは失業か半失業の状態にあり、家賃が安い大都市郊外の村に蟻のように身[...]

これからの企業経営は英語力がカギ !?

皆さん、こんにちは。経営学部准教授の吉川伸一です。言うまでもなく日本は製造業が盛んです。これまでは製造業が日本を支えてきました。大手メーカーの下に部品メーカー、その下に町工場が連なるというモノづくりのツリー構造が日本国民に豊かな暮らしを与えてきました。でも、今はどうでしょうか。アジアの市場を見ても、けっして日本一人勝ちの状況ではないですよね。ここ数年の間に韓国、中国、台湾の企業が台頭してきました。[...]