「未分類」カテゴリーの投稿一覧|経営学部ブログ|名古屋経済大学/名古屋経済大学 短期大学部

「未分類」カテゴリーの投稿一覧

大阪風お好み焼きVS広島風お好み焼き

 皆さんはお好み焼きという食べ物が大好きだと思います。お好み焼きには、大きく分けて「大阪風お好み焼き」と「広島風お好み焼き」の2種類あるのをご存知でしょうか? 今から、この2つのお好み焼きについて作り方などを紹介したいと思います。大阪風お好み焼きは、 Step1.まずボウルを用意して、その中で小麦粉をといだ液体、キャベツを刻んだもの、もやし、ネギ、生卵などを入れてよくかき混ぜます。※この[...]

「トコトンやさしい物流の本」をオススメします!

 今のようにモノがなかなか売れない世の中、何でもいいからモノを作る、ではまったく通用しません。消費者が欲しがるモノを作る必要があります。併せて、作られたモノを「単に運ぶ」だけではなく、「戦略的なモノの流れ」を意識しなければならないのです。つまり、必要とされるモノを必要とされる量だけ、ジャスト・イン・タイムで運ぶ必要があるのです。今回紹介している本は、いかに物流が大切であるかが分かる一冊です。経営を[...]

「消費者商品論(徐 誠敏先生)」と「基本経営学(李 美善先生)」の「学生による第1回のコラボ授業(プレゼン)」)

 今年復学した経営学部3年生のサミーケンジ君から「学生の、学生のため、学生による第1回のコラボ授業(プレゼン)」を行なってもらいました!!今回のプレゼンは、衝撃と鳥肌の連続でした(★^-^★) その主な内容は、経営学の視点から自分の強い意志と知識を一つの商品としてとらえることで、自分の過去と現在を振り返ると同時に、未来を展望し、正しい選択を行うべきであるというものでした=*^-^*= 一般的な一方[...]

簿記バックアップ授業開始!

サムネイル画像はありません

経営学部1年生は、後期から「基本簿記」の授業が週2回ではじまりました。経営学部としては最も重要な科目の一つです。簿記は最初につまづくとわからなくなりやすいということで、今週から5回、基礎演習の時間を使って簿記の補習授業を始めました。なんとか簿記三級の資格は取ってもらおうと、ゼミ担当教員も応援することになりました。教員もこの補習に備え、夏休みに簿記担当の先生から講習を受けました。この授業を通してでき[...]

留学生受け入れについて勉強会

今年度から留学生の数が大幅に増えました。そしてそのほとんどが経営学部に入学しています。それに伴いゼミの中の留学生の割合も大幅に増えました。ゼミ担当の先生にとっては増えた留学生にどう対処するのか手探りの状態の前期が終了し、様々な問題点も浮き彫りになってきました。そこで昨日、ISS(留学生支援室)の金村先生と坪井さんに来ていただき、お話しをうかがいました。金村先生には、留学生を受け入れるとはどういうこ[...]

トヨタテクノミュージアムへ行ってきました。

2年生のゼミの学生を二人連れて名古屋駅の近くにあるトヨタテクノミュージアム・産業技術会館へ行ってきました。単なる展示だけでなく、実際に様々な機械を自分で動かしたり、係の人が動かして実演しながら説明して下さるので、とてもわかりやすく興味をそそられるようになっています。プレス成形の機械は、見上げるような大きさで、それが動くと凄まじい迫力があります。織機の所では、中国に6年にわたって指導に行っておられた[...]

散歩にいかが?

名古屋経済大学高蔵高校の付近は、ぶらぶら歩くには最高のロケーションです。細い路地がクネクネ続き、蔵を残した昔ながらの家がたくさん残っていたりします。お散歩コースに沿って行くもよし、気ままに歩くも良し、ぜひ気持ちのいい天気の日には、のほほんと歩いてみて下さい。歩いていたら伏見稲荷神社にぶつかりました。

ツバメ天国

サムネイル画像はありません

先週の土曜日の午後のことです。研究室で雑用をせっせと片付けていたら外が妙に騒がしい。見てみると、たくさんのツバメが窓のすぐ外をビュンビュン飛び交っています。ツバメは毎日のように飛んでいるので、めずらしくも何ともないのですが、この日は私の研究室のあたりを足場にして、おびただしい数のツバメたちが 次から次へと飛び交っています。ふだんあまりこんなことはないので、仕事もほったらしてビデオを撮りました。何羽[...]

働きアリの法則

サムネイル画像はありません

先日、ゼミ生とモチベーションについて議論したときに、「どうすれば、社員全員が仕事に積極的に取り組むことができるのか」「本当に全員のモチベーション高めることができるのか」という話が出ました。その時は、「社員全員をどうすれば」が中心的な話題でした。そんな時「働きアリの法則」のことを思い出しました。この「働きアリの法則」というのは、働きアリを細かく観察すると、そのうちの2割が良く働き、6割が普通に働き、[...]