2011年の投稿一覧|短期大学部 保育科ブログ|名古屋経済大学

2011年の投稿一覧

雨のち晴れの大学祭

3A2教室 後方は吾妻ゼミポスター発表「子どもと環境」・植田ゼミ「森の楽器屋さん」の展示、手前は1年生の「作って遊ぼう」 10月22日・23日の両日、第8回名経祭が開催されました。保育科の授業に使われることの多い3号館では、1Fと2Fの教室とエントランスホールなどを使って、1・2年生の展示が行われました。22日は生憎の雨天でしたが、翌23日には雨もあがってたくさんの幼児や小学生が展示やワ[...]

今年も「わいわい犬山フェスティバル」に参加しました

8日朝 準備を整えた保育科1年生 秋晴れの好天に恵まれた10月8日(土)・9日(日)の両日、犬山市民会館と南部公民館を会場に開催された犬山市産業振興祭「犬山わいわいフェスティバル」(犬山商工会議所主催)に、名古屋経済大学短期大学部保育科1年生が参加しました。この催しは本学と犬山市の地域連携事業の一環として企画されたものです。その内容は身近な材料を使って幼児にも簡単にできる「手づくりおもちゃ」の作り[...]

2年生は保育所実習で頑張っています

 ↑3歳児のクラスで部分実習まだ学年歴上は夏季休業中ですが、8月29日から9月10日までの2週間、保育科の2年生は居住地近隣の保育所で実習に励んでいます。3ヶ月前に2週間の教育実習(幼稚園)を終えたばかりですが、今度は0~2才の乳幼児のケアを含む実習です。たとえば、同じ5才児とは言っても、幼稚園児と保育園児では行動のパターンなどにも違いがあるようで、最初の1週間は戸惑う場面もあったようです。  ↑[...]

オープンキャンパス開催

 ウエルカムガイダンス会場にて 7月17日(日) オープンキャンパスが開催されました(犬山キャンパス)。名経大にちなんだクイズに答える 30℃を超す真夏日でしたが、暑さにもめげず多くの高校生の皆さんがキャンパスを訪れてくれました。クイズの正解を示す「わんまるくん」 犬山市のゆるキャラマスコット「わんまるくん」も特別参加してくれて、高校生の皆さんとの交流を楽しんでいました。保育系(短大・大学)の説明[...]

附属市邨幼稚園児と交流

 液晶画面に見入る園児たち  7月4日(月) 1年次の必修科目『コンピューター概論』の授業に附属市邨幼稚園の年長児61名が参加してくれました。授業で作成した電子紙芝居(プレゼンテーションソフトのパワーポイントで作成)を園児たちに見てもらいました。 きれいな絵に歓声が上がります電子紙芝居を見終わった園児たちの感想は様々でした。園児の厳しい指摘に落ち込む学生もいれば、画面を見つめる園児たちから上がる歓[...]

おもちゃインストラクターになる!

6月25・26日(土・日) 6C4教室を会場に「おもちゃインストラクター」の資格取得講習会が開催されました。写真はいろいろなおもちゃでのあそびを体験しているところです。「小さなおもちゃ」で「大きな友達の輪」ができます。 「さわってなーに」 袋の中を見ずに相手の示した「影のプリント」にマッチする「型」を取り出します。 「カエルさんジャンプ」 ジャンプさせてカエルをカンの中へ「講師の先生と」「けん玉人[...]

愛知県私立幼稚園連盟キャラバン隊来学

本学卒業生の松田さん(外山幼稚園勤務) 統一試験の説明などを聞く学生たち 6月24日(金) 愛知県下の私立幼稚園(421園)で構成する団体「愛知県私立幼稚園連盟(愛私幼)」のキャラバン隊が本学を訪れました。例年この時期に、連盟役員の園長や現職の教諭が県下の各養成校を巡回して、私立幼稚園への就職に関する具体的な説明をしたり、学生の質問に答える活動をされています。今年は、葵名和・外[...]

2年次生の教育実習(幼稚園)

 岐阜県の実習園にて2年生は5月の施設実習を終えたのもつかの間、ほぼ3週間をキャンパスで過ごした後、今度は幼稚園での学外実習に出かけています。愛知と岐阜の公立・私立幼稚園での実習は、今年1月末の観察実習(1週間)から始まって、4月の実習(1週間)を経て、今回(2週間)が総仕上げとなります。この実習ではクラス担任の先生に代わって1日を通して幼児を保育することも経験します。幼児たちの特徴をしっかり把握[...]

児童センター祭のボランティア

今年も、犬山市に隣接した大口町にある大口北児童センターで行われた「センターまつり」に、短大部保育科と人間生活学部幼児教育学科の学生たち総計19名が、ボランティアとしてまつりの運営をお手伝いしました。この催しを本学の学生がお手伝いするのも今年で6年目となりました。人間生活科学部教育保育学科の学生を中心とする児童文化研究サークル「わらべ」は、パネルシアター『僕のパンツ』を披露して、子どもたちの喝采を浴[...]

今年3月卒業生の就職先を訪れました

今年の3月に保育科を巣立った卒業生たち。その後2ヶ月近くが過ぎました。彼女・彼らはそれぞれの就職先でどのような日々を送っているのでしょうか。現在保育科の教員たちは、授業の合間を縫って、卒業生を採用していただいた幼稚園や保育所を訪れています。上の写真は岐阜県下の幼稚園と保育所で新人として働き始めた本学卒業生のスナップショットです。まだまだ緊張の色を隠せないニューフェイスといったところですね。「どんな[...]