経済学部ブログ|名古屋経済大学/名古屋経済大学 短期大学部

めいほう高原キャンドルナイトに参加しました

8月22日、経済学部学生研究室地域政策チームのメンバーが、地域のイベントを盛り上げようと灯りのアートの演出に参加協力しました。場所は郡上市のめいほう高原。ここでスキー場の斜面を利用してキャンドルナイトが行われました。下の写真は学生が演出した灯りの様子です。   

GIS学術士実績証明団体に認定されました

 名古屋経済大学経済学部は平成27年7月11日、公益社団法人日本地理学会より、GIS学術士実績証明団体の認定を受けました。 GISとは位置に関連づけた様々な情報(Geographic Information)を、作成、加工、分析、可視化、管理、共有するための情報技術(IT:Information Technology)です。 GIS学術士は公益社団法人がこのGISの知識と技術の向上をはかり、適正な[...]

名古屋市消費者啓発事業の委託を受けました

経済学部学生研究室地域政策チームでは、名古屋市消費者啓発事業の委託を受け、災害時の安心・安全な消費生活を確保するために必要な知識の普及を図る事業に取り組んでいます。事業では防災クイズを行い、詳しい解説を付した解答編のパンフレットを作製・配布しています。クイズは様々な世代に対して行い、世代ごとの防災知識の認知度を比較分析し、結果を11月の名古屋市消費生活フェアで報告します。  &[...]

「地域調査」報告会

授業「地域調査」では西楽田団地のアンケート調査に基づいて災害時の要援護者と支援可能者を地図上に表示し、それをもとに助け合いグループを設定しました。7月11日には西楽田団地の皆さんにアンケート結果の報告と作成した地図の紹介、利活用の方法を提案する報告会を行いました。この様子は中日新聞でも取り上げられました。        [...]

1年生:「定期試験を乗り切ろうの会」 開催

サムネイル画像はありません

今年入学したばかりの1年生を対象にした「定期試験を乗り切ろうの会」を7月21日に開きました。大学に入って初めての期末試験が来週にせまっています。まだまだ不安やとまどいの多い1年生たちに、「高校までの試験と大学の試験はどのように違うのか」「どのように試験準備をしたら良いのか」など、経済学部の各教員からアドバイスがありました。      &n[...]

オープンキャンパス開催

        6月14日、本年度初めてのオープンキャンパスが開催されました。お越しいただいた高校生や保護者の皆様、ありがとうございました。経済学部では槇平龍宏先生による模擬講義「あなたは『友情』と『愛情』どっちを取る?  -恋愛上手になるための経済学-」をお聴きいただきました。 模擬講義の感想の一部をご紹介しますと、[...]

大学入門 経済学部授業

サムネイル画像はありません

 犬山キャンパスでは3月10日から14日までの5日間、4月からの新入生を対象に大学入門講座が開かれています。13日の午前中は入学予定学部の授業を体験してもらいました。 経済学部では「身近なことから始めて社会の仕組みを学ぶおもしろさを知ろう」をテーマに学内探検をし、写真やコメントを登録して「大学おもしろデジタルマップ」を作りました。その後、各グループごとに今日の学びのまとめと発表をしましたが、大学内[...]

高齢者買い物支援事業(4)

12月20日、りんご家は朝市に4回目、最後となる出店をしました。今月のお総菜はキャベツと鶏肉のクリーム煮です。もちろん早々に完売です。りんご家店主の経済学部3年・武田君は「4回とも完売できたことに感動です。協力してくださった地域の皆さん、学部を越えて一緒に頑張ってくれた学生の皆さんに感謝です。でも自分の未熟さも痛感しました。」と話してくれました。来年、学生の皆さんは就職活動、国家試験に取組みますが[...]

地域行事「やどかり塾」への参加

大学のある犬山市楽田地区では、毎年12月の第1土・日曜日、楽田コミュニティ推進協議会が主催する、小学4・5・6年生を対象とした「やどかり塾」という行事が行われます。希望する子供たちは楽田ふれあいセンターで合宿形式で過ごし、ウォーキングやお化け屋敷、ファイアーストームなどを楽しみます。この行事には本学の学生も、児童10人弱で編成されたグループ付きの要員として、毎年参加しています。今年も経済学部学生研[...]

高齢者買い物支援事業(3)

11月もりんご家は朝市に出店しました。11月のお総菜は“じゃがいもと鶏肉のトマト煮”で、この日も早々と完売でした。少しお客様の声を紹介します。「もう少し、量目を増やしてほしい。」、「もっと販売個数を増やしてほしい」等の他に、「日用雑貨なども扱ってほしい」との声もありました。やはり高齢者にとって日常の買い物は何かと大変なようです。      [...]