『判例から考える行政救済法』のご案内|法学部ブログ|名古屋経済大学/名古屋経済大学 短期大学部

『判例から考える行政救済法』のご案内

行政救済法の教科書が、日本評論社より刊行されました。
本学部の萩原先生が共著者となりましたので、ご紹介いたします。

判例から考える行政救済法
(写真をクリックで、出版社の紹介ページが開きます。)


岡田正則・榊原秀訓・本多滝夫 編『判例から考える 行政救済法』(日本評論社、2014年)

萩原先生は、「国家賠償法1条の要件1」の項目を担当されました。
行政法の学習においては、具体的事例に即した形で個別法を理解することが重要となっています。
判例を題材として論点の解説を行う本書は、多くの学習者の助けとなるでしょう。
講義の予習・復習に、資格試験の勉強に、是非活用ください。