第140回日商簿記検定 ー 合格者の声|法学部ブログ|名古屋経済大学/名古屋経済大学 短期大学部

第140回日商簿記検定 ー 合格者の声

昨年のエントリーでもご紹介いたしました簿記検定短期集中講座、今年も実施しております。

今回、本講座からの第140回日商簿記検定合格者は7名ありました。

その合格者の中でも、留学生の徐強くん(大連出身)の活躍には光るものがあります。
言葉の壁を乗り越えて、9割に迫るトップクラスの得点率を、わずか2ヶ月という短期間でマークすることは、そうそう簡単ではありません。講座担当の渡辺先生も大絶賛です。

徐くん2015
彼は、いったいどのように勉強したのでしょうか?秘密を知るべくインタビューを行いました。


【この資格を取得しようと思ったきっかけはなんですか?】

入学直前の「留学生オリエンテーション」(3月27日開催)で案内されたので、この短期集中講座を受講することにしました。

【合格の決め手になったのは?】

講座を真面目に受講し、宿題をしっかりやったことです。
特に、今回は試験で出題された5つの大問のうち4つまでが、講座で取り組んだ問題にそっくりでした。

【これからの目標はなんですか?】

(ゼミ担当の)川上先生の薦めもあり、次は簿記2級と通関士を受験する予定です。
最終的には、司法書士を目指しています。
日本の法律事務所に勤務し、中国の方が日本で起業することを手助けしたいと思います。

【ところで、日本の印象はどうですか?】

空が青く空気がキレイです。
また、ゼミを通じて知り合った日本の友達とは、(最初はなかなか打ち解けませんでしたが、)今ではゲームやアニメの話を楽しんでいます。
大連には日本人も多く、イメージしていた日本文化のとおりです。


本学では資格試験合格者への各種奨学金を用意しております(簿記検定も対象です)。

在学生のみなさん、次回の簿記検定を受験しませんか?
入学を検討されている受験生のみなさん、本学で資格取得に挑戦しませんか?