2017 Global Review of Constitutional Lawが刊行されました。|法学部ブログ|名古屋経済大学

2017 Global Review of Constitutional Lawが刊行されました。

Richard Albertほか編 『2017 Global Review of Constitutional Law』 (I-CONnect and the Clough Center)が電子書籍で刊行されました。日本からは本学法学部の水島先生が執筆に参加しています。

————————————————————

International Journal of Constitutional Law (I-CON)とボストンカレッジのThe Clough Center for the Study of Constitutional Democracyというところが、世界各国の1年間の政治や憲法判例の動向を紹介するGlobal Review of Constitutional Lawという電子書籍を毎年刊行していまして、私は韓国を担当させていただいております。2017年版では、朴槿恵前大統領の弾劾罷免決定や文在寅政権の発足、そしてその年に下された憲法判例を紹介するとともに、良心的兵役拒否や堕胎罪廃止を求める動きなど、2017年の韓国における重要な議論を英語で紹介いたしました。

※実物は電子書籍なので写真はプリントアウトした表紙です