井野俊郎衆議院議員と面会しました。|法学部ブログ|名古屋経済大学

井野俊郎衆議院議員と面会しました。

法学部 高橋勝也准教授は、衆議院第二議員会館を訪問して、井野俊郎衆議院議員と面会しました。

井野俊郎氏は、「世の中が公正でない!」と感じとると国会議員を志しました。何の基盤も持たない自分がどうしたら実現できるかと考えたとき、ある大学の法学部の門を叩き、猛烈な勉強で弁護士になるのです。その活躍が認められると、市議会議員となり、現在は、衆議院議員として、国民のために奔走されています。

若者への「やるべきことをやっていたら、人は必ず評価してくれるから、絶対に悲観するな!」というメッセージをいただきました。法学部は、自らが法を学ぶ場になりますが、法を学ぶことが市民や国民のための学びになるという視点も教えていただき、充実した面会となりました。