犬山高等学校図書委員の生徒さんが研修に来ました!2017|図書館ブログ|名古屋経済大学/名古屋経済大学 短期大学部

犬山高等学校図書委員の生徒さんが研修に来ました!2017

先週の7/13[木]、犬山高等学校図書委員の生徒さん達が本学図書館に研修に来てくれました!

昨年に引き続き2回目の研修です。

まずは図書館内の見学とミニ講義♪

 

その後は4グループにわかれて実習を行いました。

実習の様子と、各担当館員からのコメントです♪

Aグループ(1Fホール展示)

1時間という限られた制限の中で、視覚障害者に関する図書を選び装飾をして
展示を完成させるのはとても大変だったと思います。
一人一人がお互いに協力し、とても素敵な展示を完成することができました。
この実習で学んだことを図書委員の仕事でも活かしてもらえると嬉しいです。
(担当館員S)

 

Bグループ(4F低書架展示)

 

4階の低書架では、『青い本』のタイトルのもと、作業をしてもらいました。
なんと高校でも、事前に同じタイトルで予行練習をしてくれたそう!
高校では書名に『青』がつく本、当館では見た目に『青』い本、
同じタイトルでも切り口が違うと仕上がりも大分違ったのでは?
時間が足りない中、みんな頑張って作業してくれました。
みんなのお陰で、見た目に涼しい展示書架が出来上がりました!
(担当館員I)

 

Cグループ(カウンター業務)

  

Cグループは「カウンターでの接遇・文献複写・レファレンス」を行いました。
カウンターでの対応や、文献複写・レファレンスサービスなどは、図書館の基本的なサービスです。
また、利用者の方と直接対話できるお仕事でもあります。
皆さん真面目に取り組んでくれてありがとうございました。
図書館ってこういうサービスもあるんだな、と覚えていただけたら幸いです。
(担当館員T)

 

Dグループ(受入業務)

 

Dグループでは、図書館の本が本棚に並ぶまでのプロセスを実際の受入システムの画面を見ながら学び、
その後、図書の装備(ブックカバーフィルム貼り)を全員で行いました。
ブックカバーフィルム貼りは慣れていないと結構難しかったかと思いますが、
丁寧にすることでとても綺麗な仕上がりでした♪
高校図書室の本も、普段は先生がブックカバーフィルムを貼っているということなので、
図書委員として手助けしてあげてくださいね!
(担当館員N、K)