経済学部ブログ|名古屋経済大学

一般社団法人今井森林愛護会の設立総会に出席

7月23日、一般社団法人今井森林愛護会の設立総会に経済学部の本巣准教授が出席しました。この会の目的は、犬山市今井の里山を保全することです。地域の多くの方と知恵を出し合い、森林計画等の策定や、間伐材やバイオマス資源のエネルギー利用などを考えていきます。設立総会には今井地区の方々の他、犬山市の山田市長なども出席されました。

日隈・本巣ゼミバドミントン大会を開催

日隈ゼミ1年と本巣ゼミ1年で、バドミントン大会を開催しました。ダブルスの対戦相手はくじ引きで決めたのですが、偶然にも全てのチームがゼミ対抗戦になりました。決勝戦では接戦の結果、日隈ゼミが優勝しました。お互いのゼミ間では面識がない学生がほとんどでしたが、これを機に親睦が深められたように思います。「優勝すれば焼肉!」「トーナメント戦で負けたチームは敗者復活戦!」などなど、次回の大会ではさらに盛り上がる[...]

「分ける」こと「わかる」こと

経済学部の基礎演習Ⅰ(村山ゼミ)では、観光振興に関する期末レポートを作成中です。レポートでは、観光スポットの地理空間に注目しつつ、手書きの分布地図を作成してもらっています。ブログタイトルの『「分ける」こと「わかる」こと』は、ある哲学書のタイトルです。未知な事象を「理解」するために「分類」して整理する。単純な分析手法ですが、観光スポットをいくつかのカテゴリーに分けてみることで、何が足りないか?といっ[...]

「人生すごろく」でキャリアデザイン

基礎演習Ⅰ(本巣ゼミ)では、「人生すごろく」*を作成し、ゼミのみなさんがこれまでどのような人生を過ごしてきたのか、また、今後どのような人生を送りたいのかについて発表し合いました。4週にわたり、過去・現在・未来のライフイベントを書き出した後、すごろくのマス目を作成しました。5週目には、2〜3人のグループになり、各自の「人生すごろく」を紹介し合いました。最後に、ゼミ全体で他己紹介のように他人の人生すご[...]

犬山城下町でまち歩き

経済学部の基礎演習Ⅰ(村山ゼミ)では、梅雨入り前の好天に恵まれ、犬山城下町のまち歩きを実施しました。はじめに、1971年から現在までの住宅地図を市立図書館で閲覧し、つぎに、魚新通りを歩きながら、1980年代に営業していた商店が現在でもどの程度営業を続けているかについて、住宅地図を用いて調査しました。その後、城とまちミュージアムで江戸時代の城下町復元ジオラマを見学し、犬山城天守にも上りました(名経大[...]

「災害に強いまちづくり」ワークシート

経済学部1年生の基礎演習ⅠA(村山ゼミ)では、学習教材「防災まちづくり・くにづくり」を活用して、ゼミ生同士の親睦を深めました。はじめに、学校、病院、津波タワーなどの施設を白地図上に配置し、各自が考える災害に強いまちを作成してもらいました。つぎに、インフラ施設を特定の地理的条件下に配置した理由など、自身の災害に強いまちづくりのねらいについて、雑談を交えながらクラスメイト3名と互いに情報交換してもらい[...]

小牧市中小企業振興基本条例の車座会議 その2

サムネイル画像はありません

経済学部の峯岸です。先日予告しましたように11月21日に小牧市役所にて「中小企業振興基本条例」の振り返りの会議が開かれました。名経大からは、コーディネーターである峯岸の他、大学の代表としてキャリアセンター長の大黒先生が出席しました。 これからの小牧市の産業を支える中小企業について、当事者である中小企業経営者の方々の他、支援機関としての金融機関や市役所、協働連携機関としての大学の3者がそれ[...]

小牧市中小企業振興基本条例の車座会議

経済学部の峯岸です。 11月21日に、小牧市役所にて「中小企業振興基本条例」の振り返りの会議が開かれます。会議そのものの参加者としてではなく、傍聴人として市役所からは許可をもらっています。 興味がある人は峯岸までメール(経済学部の教員紹介ページ参照)で連絡してください(11/18(土)17:00締切)。必ず氏名と学籍番号を記載すること。

ボーリングしました(佐野ゼミ1年生)

 お陰さまで10月の大学祭でしっかり儲けたゼミ生たち。儲けたお金を使って、何をするか考えたところ・・・、  食うより遊ぶだそうで、皆でボーリングに行くことにしました。 「投げ放題」で延々10ゲーム以上、ひたすら投げ続けた一夜でした。

名古屋市消費生活フェア参加

   経済学部学生研究室では、2016年11月5日に名古屋市栄のオアシス21で開催された名古屋市消費生活フェアに出展しました。  昨年に引き続きの参加で、今年の展示は本学の学生を対象に行った「大学生の食生活・野菜に対する意識調査」の結果発表です。たくさんの方々がブースを訪れ、熱心に学生たちの説明を聞いてくださいました。  調査では、家族と暮らす名経大生はほぼ毎日野菜を食べている人が最も多い一方で[...]