市邨幼稚園の節分豆まき会でボランティア!!鬼役で大活躍!!|教育保育学科ブログ|名古屋経済大学

市邨幼稚園の節分豆まき会でボランティア!!鬼役で大活躍!!

2月3日(月)、市邨幼稚園の節分豆まき会にて、鬼役としてボランティア活動に参加いたしました。

子どもたちに楽しんでもらうために、学生たちは鬼の登場の仕方やセリフの工夫など、朝から準備計画して節分豆まき会に挑みました。

それでも、子どもたちと実際に出会うギリギリまで、「子どもたちは怖がらないかな?」「子どもたちは泣いたりしないかな?」などの不安が募り、見た目とは違う優しい心を持った鬼の姿が印象的でした。

 

虎柄パンツの青鬼さん、ちょっと怖い赤鬼さん、少しカワイイ青鬼さんです。

 

 

いよいよ子どもたちとの対面です。

まずは年中クラスです。

元気いっぱいの子どもたちのパワーに押され、鬼は子どもの豆まきに完敗でした。

次は、園庭で鬼を待ち受ける年長の子どもたちとの対面です。

さすが、市邨幼稚園を代表するお兄さん、お姉さんたちです。

元気いっぱいに「鬼は外!!福は内!!」

鬼は逃げる、逃げる、逃げる、逃げる、ひたすら逃げる。

ついには、「降参!!豆は痛い!!痛い!!痛い!!」と言って、鬼はドングリ山に退散していきました。

 

これからの市邨幼稚園の子どもたちの一年間は、きっとたくさんの福に恵まれることでしょう。

年長さんは、もうすぐ卒園ですね。

今日という日が子どもたちにとって、少しでも幼稚園での良い思い出の日となってくれたらと思った鬼さん達でした。

 

 

市邨幼稚園のブログ「節分豆まき会」もご覧下さい → https://www.nagoya-ku.ac.jp/youchien/8474/